体を鍛える

近年、人気急上昇中の習い事がダンススクール(教室)である。ダンスは2011年に小中高での必修科目になった。幼い時からリズム感をつけてやりたいという親心が、ダンス人気を後押ししている。昔は、踊りの習い事と言えばバレエなどだったが、最近の子供たちはヒップホップダンスなど今どきなダンスに憧れ、ダンススクールに通っている。 ダンススクールのメリットは、リズム感などの音楽面と、身体の柔軟性や俊敏性といった運動面の能力が養われることである。ダンススクールのレッスン料は、1レッスン1500〜3000円ぐらいのところが多い。将来、ダンサーなどを目指すのであればレッスン回数を増やす必要があるため、月々にかかる費用も増える。

・ストリートダンス ストリートダンスとはその名の通り、路上で踊るダンスのことである。ヒップホップ、ブレイクダンスなどの総称のことをいうので、ストリートダンスという踊りがあるわけではない。 ・ヒップホップダンス ヒップホップダンスはストリートダンスの中のジャンルの一つ。ストリートダンスは時系列により、オールドスクール、ミドルスクール、ニュースクールに分類される。ヒップホップダンスはニュースクールに分類される。 ・ジャズダンス ジャズダンスとは、バレエのバランス感覚と優美さ、ヒップホップのリズム感のいいところをうまく融合させたダンスのジャンルのことである。 その他、さまざまな種類のダンスがあるが、まずは自分に合うダンスを見つけることが大切である。